足底板療法とは

 当院で作製しています足底板とは、主に歩行時などの動きをよくする為 お一人お一人の足の形状に合わせて、靴の中敷にソルボセインという人工筋肉に近い繊維で作られた パッドをつけて作ります。  この中敷を入れた靴をはくことで、靴のフィット感が高まりより履きやすくなることで、人間本来が持って いる足の機能が最大限に発揮されやすくなり、様々な関節疾患の治療や予防、スポーツ選手では 競技力の向上や障害の予防に大変効果があります。

3.jpg
2.jpg
1.jpg

以下の症状に効果があります

腰が痛い  股関節が痛い  膝が痛い  変形性膝関節症  足首が痛い  足の甲が痛い  外反拇趾  偏平足  凹足  外脛骨  足底筋膜炎   アキレス腱炎  中足骨疲労骨折  足関節捻挫  シンスプリント   ジャンパーズニー  オスグッド病  速く走れない  高く跳べない etc... ※上記のような症状がある方、足底板療法のご相談は当院リハビリ部までお問い合わせ下さい

お知らせ
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。